まつ毛について

特許技術が使われているパーフェクトラッシュとは?

当サロンで、一番人気と言っても過言ではない特許技術のパーフェクトラッシュですが、1番の特徴は「エクステの持ち(持続性)」です。

特許技術のため、詳しい説明はできないのが残念ですが今回は特別に、ちょっとだけパーフェクトラッシュの凄いところを教えちゃいますね!

特殊な技法でフラットラッシュ装着

一般的な他店のサロンで使われているマツエクはクラシックラッシュを採用しております。

クラシックラッシュとは、丸い地毛に、丸いマツエクを接着するので、接着面積が狭く、取れやすいので、持ちがあまり良くありません。

しかし、当店のパーフェクトラッシュで使っているマツエクの種類はフラットラッシュです。

特殊な技法で自まつ毛1本に2本のフラットラッシュを装着しています。

このフラットラッシュは「根元の部分が平ら」になっていることで有名なエクステの種類なんですが、フラット(平ら)になっている事により、接着面が広く多いです。

さらに、シスグリッターの特殊な技法で、自まつ毛を包み込むように装着する為、自まつ毛が抜け落ちるまでエクステが外れません。

なので、通常のエクステより持ちがいいと言われ、知名度も高く人気のエクステ素材となっております。

さらにパーフェクトラッシュは、この人気度の高いフラットラッシュを自まつ毛1本に2本つけます。

この「自まつ毛1本に2本つける」この部分が特許技術で企業秘密なので、これ以上詳しくはお伝えできないのですが、2本つけるって画期的ですよね。

だから、パーフェクトラッシュはマツエクの持ちが良くて人気なんです!

この「持続性」がパーフェクトラッシュの魔法その1です。

インスタを見てみると「#パーフェクトラッシュ」のタグづけは約2万件もあり、パーフェクトラッシュの人気度・知名度がわかります。

持ちだけじゃないパーフェクトラッシュ

パーフェクトラッシュは、持ち(持続性)だけではありません。

フラットラッシュは「根元が平ら」とご説明しましたよね?

根元を平らにする過程で余分な部分が削ぎ落とされているので、濃さは同じなのに重さが軽くなっているんです。

つまり、まつ毛にかかる負担が少ないというメリット。

魔法その2は「負担が少ない」

この、負担が少ないエクステを2本つけるので、フラットラッシュ単体でつけるより本数も多くなるし濃さも濃くなります。

温泉や海外旅行など、スッピンになる機会が多ければ多いほどパーフェクトラッシュの威力を実感できますよ!

パーフェクトラッシュの密度について

まつ毛エクステが自まつ毛の長さに近ければ近いほど、密度は濃く見えます。

自まつ毛の平均は6〜8mmなので、エクステを9mmとか10mmでつけると「自まつ毛の多い女の子」に。

パーフェクトラッシュは1本の自まつ毛に2本のエクステがつくので、とても濃く隣同士の隙間を埋めてくれるのです。

※まつ毛が生えていない、極端に短い・細いところは埋まりません。

この密度を濃くする方法を知らないと「長く、より長く」と長いエクステをつけたくなってしまうと思います。

でも、長さだけを求めるとエクステが取れやすくなったり、パーフェクトラッシュのように持続性のあるマツエクでは、ヨレやすくなってしまうんです。

魔法その3は「密度・濃さ」です。

まばたきをした瞬間「まつ毛、本当に濃い〜」って周りのお友達がうらやましく思うはず!

パーフェクトラッシュのリペアについて

パーフェクトラッシュのリペア(付け足し)を承っております。

「なかなか外れない」パーフェクトラッシュですが、まつ毛が伸びれば当然、マツエクをしているまつ毛がヨレてしまいます。

シスグリッターでは、3〜4週間でリペア(付け足し)をすることをおすすめしております。

メンテナンスをして、付け足してあげれば伸びきった部分はなくなり、綺麗に残っているエクステだけになります。

そこに新しくエクステを付け足すリペアをすれば、ヨレなど気にする必要がなくなりますよ!

よく「パーフェクトラッシュをしたら、自まつ毛が抜けるまでエクステが取れない」と聞きますよね。

確かに、持続性は高く「自まつ毛が抜けるまでエクステが取れない」という表現は合っていると思います。

でも、綺麗な状態をキープしたいようならば、3〜4週間でメンテナンスをすることがとても大事になってきます。

リペア(付け足し)の際、メンテナンスを有料で行うサロンもありますが、当店では無料でメンテナンスもついてきます。

あなたのパーフェクトラッシュは是非、シスグリッターにお任せください。

関連コラム